ソフトバンクのAIシステムとは?

ソフトバンクのAIシステムとは?

MENU

ソフトバンクのAIシステムとは?

そもそもAIって何?

ソフトバンクのAIシステムとは?

AIという言葉自体を聞いたことがある人はたくさんいると思います。AIというと映画のイメージが強いかもしれません。ロボットが自ら情報を分析し、思考して行動を起こす、というのがよくあるイメージです。

 

AIとは「Artificial Intelligence」のことです。日本語ではよく人工知能と言われます。AIは必ずしも人型ロボットのような形態を取るわけではありません。

 

AIの基本的な技術とは、多くの情報から一定の知識を習得したり、一定の予測を機械が行うことです。簡単に言えば情報分析や抽出を機械的に行うテクノロジーです。

 

ソフトバンクのAIシステム

AI技術はいろいろな所で研究が行われてます。スマホや携帯で有名な大手通信会社のソフトバンクもこの分野で有名です。ソフトバンク社内ではAIを導入した40近いプロジェクトを推進しています。

 

新卒採用をAIを使って行って業務を削減したり、製造業やIot(様々な商品にネット技術を活用する技術)にAIを組み込んで生産性を向上させたりと、AIを活用した様々な取り組みをしています

 

AIを積極的に採用しているソフトバンクのサービスの中で、金融に関連したものがあります。それはJ.score(ジェイスコア)です。J.scoreは会社名です。この会社はみずほ銀行との連携で立ち上げた会社で、個人向け融資を行うために稼働しています。

 

個人向け融資というと銀行のカードローンや消費者金融の貸金サービスが思い浮かびます。しかしJ.scoreの貸し付け商品「AIスコア・レンディング」は、AIを使った融資サービスということで話題になっています。

 

AIと融資との関係

どのようにAIを融資に活用しているかを説明します。通常融資サービスは、顧客に一定のお金を貸し出して利息を取ることで利益を生みだします。

 

しかしお金を貸すのは誰でもいいわけではなく、信用がある人に限られます。

 

そのため金融機関は顧客と契約を結ぶ前に、その顧客の信用力をスコアリングします。簡単に言えば顧客の信用力を点数にして審査し、その人にどんな条件でお金を貸すかを決めるデータを作ります。

 

J.scoreはこのスコアリングをAIに行わせるという点で特徴的です。AIスコアリングでは、これまで重視されてきた信用情報はもちろんのことながら、あまり重視されてこなかった情報も活用します。

 

ライフスタイルや好み、みずほ銀行やソフトバンクの利用状況などもカウントします。このため、従来では融資対象とはなりづらかった信用力の低い層の人にも融資が行われる可能性があり、なおかつ低コスト運営のために低金利が実現すると言うメリットがあります。

 

AIに力を入れているソフトバンクと、顧客データの分析やローンノウハウを持つみずほとの共同作業ということで、注目に値する融資サービスとなっています。

関連ページ

AIスコアレンディングの仕組みと信頼性
AIスコア・レンディングではその名の通り、AIシステムによってスコアリングを行うものです。ここでは、このAIスコアレンディングの仕組みと、その信頼性はどれくらいのものなのか、わかりやすく解説していきます。
AIスコアの詳細と金利詳細
AIスコアとは、ジェイスコアが活用しているスコアリングシステムのことです。ジェイスコアのAIスコアでは、みずほ銀行とソフトバンクの持つそれぞれの得意分野をもとにしてスコアリングをします。ここでは、このAIスコアの詳細と金利の詳細についてわかりやすく解説していきます。
AIスコアの質問は全部で163問ある
AIスコアリングサービスを提供しているジェイスコアは、みずほとソフトバンクのビックデータ&AI技術を組み合わせたスコアリングシステムを使っています。これらのAIスコアの163問の質問はどのようなものなのか、それらのスコアへの影響も踏まえ、わかりやすく解説していきます。