信用情報って何?

信用情報って何?

MENU

信用情報って何?

貸金業でよく聞く信用情報とは

信用情報って何?

消費者金融や銀行のカードローン、またクレジットカードの審査などに関連してよく聞く言葉に「信用情報」であったり、「信用情報機関」があります。

 

これらは一体何の事かというと、ある顧客が融資の申し込みをした時に、その人にお金を貸して良いのかについて貸金業者や銀行が判断するための参考情報およびその情報の保管期間のことです。

 

信用情報機関はたくさんの人の信用情報を保管します。日本には3種類の信用情報機関が存在します。まず「日本信用情報機構(JICC)」です。この期間は一番歴史がある機関で、消費者金融業者や信販会社が加入しています。

 

次に「CIC」です。こちらはクレジットカード会社や信販会社が加入しています。そして「全国銀行個人信用情報センター(JBA)」です。こちらの主な加入者は銀行や銀行系のカード会社です。

 

名前から分かるように銀行がメインです。ジェイスコアが加入しているのはこのうちCICです。

 

信用情報機関はお互いにつながっている

信用情報機関はそれぞれ独立しているとはいえ、お互いを結ぶネットワークが存在します。それは「CRIN」というネットワークです。金融関連商品を利用する顧客の中には金融事故を起こす人がいます。

 

例えば延滞とか債務整理などです。これらの情報はCRINを通して共有されています。いわゆるブラックの情報に関しては3つの情報機関の間で認識が一緒ということです。

 

そのためJICCに加入している金融機関で問題を起こしたものの、CICに加入している金融機関にはばれていないだろうと考えて、融資の申し込みをすることは無理です。事故情報は筒抜けになっています

 

また信用情報機関は複数加入する事も可能です。そのことからしても情報が偏ることはありません。またJICCとCICを結ぶネットワークとして「FINE」というものも存在します。

 

信用情報機関の役割

信用情報機関にはブラックの情報に加え、氏名や生年月日、クレジットカードやローンの申し込み状況、契約内容や返済状況、残高など様々な情報が収められています

 

貸金業者や銀行はこれらの情報をもとに、申込をしてきた顧客の信用を判断し、融資が可能かどうかや融資条件について決定していきます。もし信用情報があまり良くない場合は融資が却下されたり、通っても条件があまり良くない場合が考えられます。

 

ブラック情報がないとしても申込を多重に行っている顧客などは、借入をしていなくてもイメージが悪くなります。もし信用情報が心配な場合は開示請求を行って自分の信用を確かめてみると良いでしょう。

関連ページ

J.scoreの審査システムとは?
日本初、AIスコア・レンディングとして話題のジェイスコア(J.score)はキャッシングを利用したい方には注目の存在ではないでしょうか?当サイトでは、AIスコアについての情報やジェイスコア(J.score)でお金を借りる際に知っておきたいことについてわかりやすく解説していきます。
虚偽申告や嘘の情報は書かないように
ジェイスコアでは、顧客のファイナンシャル情報も審査の要素として考慮します。将来性を加味した柔軟な融資サービスを提供しているとはいえ、やはり年収や勤務状態やローンの有無などは大切な要素であることに変わりありません。ここでは、自分が現在借りている借り入れの件数を把握する必要性についてわかりやすく解説していきます。
機械スコアリングが審査に影響する
スコアリングとは何かの情報を分析して数値化することです。そして融資業界におけるスコアリングとは、融資を希望する申込人の信用力を、データを収集して算出する事です。ここでは、このような融資において、機械スコアリングが審査に与える影響についてわかりやすく解説していきます。