虚偽申告や嘘の情報は書かないように

虚偽申告や嘘の情報は書かないように

MENU

虚偽申告や嘘の情報は書かないように

AIスコアリングの特徴

虚偽申告や嘘の情報は書かないように

みずほ銀行のビッグデータとソフトバンクのAI技術とが融合して出来たのがジェイスコアのサービスです。AIスコアリングという、AIを通して顧客の与信や将来性を予測して判断するサービスが特徴です。

 

顧客が自ら様々な個人データを入力していくことでスコアリングが変化し、それを参考に融資条件が決まるというユニークなシステムで、低コストによる低金利での貸付や、低与信層の人にもチャンスが生まれやすいというメリットを持ちます。

 

性格や趣味やライフスタイルなど、従来ではあまり重視されてこなかったような要素を積極的に考慮するため、積極的な入力を行う事でスコアアップが期待できるようになっており、融資条件が優遇されることにもつながります。

 

AIを虚偽申告やウソの情報でだませる?

AIは基本的にコンピュータテクノロジーから派生しています。そのため「コンピュータが審査をするから虚偽の申告をしてスコアリングアップしてやろう」という悪意を持ったユーザーも出てくるかもしれません。

 

しかし担当者によると、虚偽の情報を入力してもそれをAIが感知してスコアが上がらないような仕組みになっています。AIの進歩にはすさまじいものがあります。機械相手だと思って安易に入力内容を改ざんすることはできません。

 

またAIスコアリングは参考値となるものの、これだけで全て判断されるわけではありません。スコアを参考に別途審査が会社で行われます

 

実際公式サイトには「AIスコアによる貸付利率・契約極度額」の目安が掲載されているものの、注意事項として「表示条件は入力情報にもとづく参考値であり、実際のご契約条件は、お申込み後の審査にもとづき提示する内容になります」と記載されてもいます。

 

そのためウソの情報でいろいろやり通そうとしても発覚する可能性は高いです。例えば会社の在籍を偽っても、在籍確認の電話ですぐにばれてしまいます。正直に内容を記載するのがベターですし、そうする必要があります。

 

虚偽の申告をしなくてもスコアリングアップは狙える

先述のようにスコアリングを変えるには、ユーザーが積極的に追加情報を入力していく必要があります。ジェイスコアのスコアリングシステムは従来のものとは違います。

 

年収や家族形態や勤務状況、住まいなど個人の属性や信用情報だけで全てが決まるわけではありません。学歴や趣味やライフスタイルや借入への意識など、様々な要素でスコアリングが変わります。

 

嘘をつかなくても、正直に様々な質問に回答することで100点以上スコアアップをすることも可能です。

関連ページ

J.scoreの審査システムとは?
日本初、AIスコア・レンディングとして話題のジェイスコア(J.score)はキャッシングを利用したい方には注目の存在ではないでしょうか?当サイトでは、AIスコアについての情報やジェイスコア(J.score)でお金を借りる際に知っておきたいことについてわかりやすく解説していきます。
信用情報って何?
消費者金融や銀行のカードローン、またクレジットカードの審査などに関連してよく聞く言葉に「信用情報」であったり、「信用情報機関」があります。ここでは、この信用情報とはどのようなものなのか、わかりやすく解説していきます。
機械スコアリングが審査に影響する
スコアリングとは何かの情報を分析して数値化することです。そして融資業界におけるスコアリングとは、融資を希望する申込人の信用力を、データを収集して算出する事です。ここでは、このような融資において、機械スコアリングが審査に与える影響についてわかりやすく解説していきます。