J.scoreの審査システムとは?

J.scoreの審査システムとは?

MENU

J.scoreの審査システムとは?

J.scoreとは

J.scoreの審査システムとは?

J.scoreとは、メガバンクのみずほ銀行と大手通信会社のソフトバンクが共同で設立した合弁会社です。

 

アメリカのフィンテック企業(情報通信技術を利用した新しい金融サービスを提供する会社)「SoFi」という会社の例を参考にして個人融資を行う会社で、これまでにない画期的な融資のスコアリングをするのが特徴です。

 

みずほ銀行はこれまで消費者金融をグループに抱えていませんでした。しかしこのJ.scoreシステムをベースにした低金利でフレキシブルな融資を行うサービスを開始し、注目されています

 

AIを利用したデータ分析の融資サービス

J.scoreはAIを利用した与信システム「AIスコア」を使っています。AIは近年話題になっているサービスで人工知能のことです。AIは最先端テクノロジーで、様々な情報の中から一定の将来予測を行ったり、特徴量抽出をするなどの技術があります。

 

AIスコアではクライアントの信用力や将来の可能性をこのAI技術を使ってスコア化します。これまで与信の時に重視されていた情報に加えて、あまり重視されていなかったクライアントの情報を活用し、よりスコアが精緻化するようにしています。

 

スマホアプリを使って、情報を追加していくことでスコアが成長し、金利の率や借入限度額が増す仕組みがプログラムされています。AIを開発したのは国内外のデータ解析に置いて高い技術を持つメンバーです。

 

政府系機関での研究経験やコンペティションにおいて入賞を果たした実績などを持つメンバーのため、高品質なシステムに仕上がっています

 

AIスコアだと申込をしなくても事前に金利や限度額が分かる

AIスコアでは1,000点を上限として金利や限度額を設定しています。950点から1,000点のスコアリングを受けた場合は貸付利率が0.9%~2.1%とかなりの低金利になります。契約極度額は10万円~1,000万円の幅となります。

 

一方600点を下回る場合は利用できません。公式ホームページから無料で簡単にAIスコアを図ることが可能です。このAIスコアの算出そのものは申し込みや契約とは関係がありません。

 

そのため信用情報を参照されることはありません。申込をしなくても参考値を提示してもらえるためとても便利です。なおAIスコアを利用した個人向け消費性融資サービスである「AIスコア・レンディング」の最高金利は12.0%です。

 

通常消費者金融は18%が標準的な最高金利です。銀行のローンでも14%前後が相場です。そのため最高でも12.0%という値は消費者にとってはうれしい金利となります。

 

AIスコア・レンディングは店舗やATMを持たないスタイルのため、低コストでの運営が可能です。

関連ページ

虚偽申告や嘘の情報は書かないように
ジェイスコアでは、顧客のファイナンシャル情報も審査の要素として考慮します。将来性を加味した柔軟な融資サービスを提供しているとはいえ、やはり年収や勤務状態やローンの有無などは大切な要素であることに変わりありません。ここでは、自分が現在借りている借り入れの件数を把握する必要性についてわかりやすく解説していきます。
信用情報って何?
消費者金融や銀行のカードローン、またクレジットカードの審査などに関連してよく聞く言葉に「信用情報」であったり、「信用情報機関」があります。ここでは、この信用情報とはどのようなものなのか、わかりやすく解説していきます。
機械スコアリングが審査に影響する
スコアリングとは何かの情報を分析して数値化することです。そして融資業界におけるスコアリングとは、融資を希望する申込人の信用力を、データを収集して算出する事です。ここでは、このような融資において、機械スコアリングが審査に与える影響についてわかりやすく解説していきます。