ジェイスコアで借り入れできる金額と金利

ジェイスコアで借り入れできる金額と金利

MENU

ジェイスコアで借り入れできる金額と金利

ジェイスコアで借り入れできる金額

ジェイスコアで借り入れできる金額と金利

ジェイスコアで借り入れできる最大極度額は1,000万円です。極度額の設定は10万円単位で行われます。しかし融資額は1千円以上1千円単位となります。

 

お金を借りたい人の中には小額から始めたい人、たくさんの額を借りたい人、当面の必要を満たすためだけに少ない金額しか借りない人などたくさんのニーズがあります。

 

最低1千円から借入できるため、借入ビギナーには敷居が低いです。また多額を借りたい人も1,000万円あればかなりカバーされるはずです。借入額の設定は非常に融通が効いていると言えます。

 

金利はどうか

ジェイスコアは金利に関しても優遇されています。金利帯は0.9%~12.0%です。下限金利に関してはなかなか一般人には手が届きにくいものの、1%を下回るかなりの低金利です。

 

また上限金利に関しても一般的な銀行のカードローンと比べると低めの設定になっているのが分かります。金利は状況によって変化します

 

例えばみずほ銀行の口座を持っていたり、ソフトバンクの携帯契約を持っている人で、ジェイスコアのサービスと情報連携をした場合は金利が0.1%引き下げられたりします。

 

またジェイスコアのサービスの特徴であるAIスコアリングで追加情報を入力して更新すると、スコアリングがアップし、それが後ほど金利や極度額の優遇につながることもあります。

 

最初からジェイスコアは低金利なうえ、スコアリングによってより良い条件になるのはうれしい所です。

 

スコアリングによる金利や限度額の基準

AIスコアリングでは1,000点を最高点として、600点以上1,000点以下の間で金利や極度額の設定を行っています。最終的な審査によってはスコアリングと貸付条件の目安に差異が生じる可能性もあるものの、公式サイトにはおおまかな参考値が掲載されています。

 

例えば600点~699点なら金利は9.3%~12.0%で、極度額は10万円~150万円になります。
700点~799点なら6.8%~9.5%、10万円~260万円。
800点~849点なら5.2%~7.0%、10万円~400万円。
850点~899点なら3.5%~5.4%、10万円~540万円。
900点~949点なら1.9%~3.7%、10万円~730万円。
950点~1000点なら0.9%~2.1%、10万円~1000万円となります。

 

なお600点を下回ると借入はできません。契約額の増額は、契約から10日経過後に会員ページから申し込めます。なおスコアリングはAI技術を用いて行われています

 

さらにスコアリングのために考慮される要素として、趣味や学力や好みやライフスタイルも入力情報対象になります。これまでにない貸付サービスとして、ジェイスコアは注目です。

関連ページ

みずほ銀行の主なサービス
みずほ銀行は三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行と並んで、日本の3大メガバンクを形成している大手銀行です。このみずほ銀行が展開する様々なサービスと今注目のJscoreなどの主なサービスについてわかりやすく解説していきます。
返済の遅れはどう影響する?
融資サービスを利用し、もし返済期日に遅れてしまった場合は、遅延損害金が発生します。ジェイスコアの場合は遅延損害金の実質年率は12.0%です。出来れば避けたい返済の遅れの影響についてわかりやすく解説していきます。
借り入れまでのスピードが早いのが魅力
ジェイスコアはメガバンクのみずほ銀行がソフトバンクとの提携で作った会社です。金融機関で個人向け融資サービスを行っています。ここでは、このジェイスコアの魅力の一つである、審査から融資までのスピードの早さについてわかりやすく解説していきます。
自分の借入件数をきちんと把握しておこう
ジェイスコアでは、顧客のファイナンシャル情報も審査の要素として考慮します。将来性を加味した柔軟な融資サービスを提供しているとはいえ、やはり年収や勤務状態やローンの有無などは大切な要素であることに変わりありません。ここでは、自分が現在借りている借り入れの件数を把握する必要性についてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコアの金利と借入金額
ジェイスコア(J.score)はみずほ銀行とソフトバンクの合弁会社です。画期的な審査システムを採用したジェイスコアの融資を受けた場合の金利と借り入れ金額はどのようなものになっているのか、わかりやすく解説していきます。
ジェイスコアの返済システムと注意点
日本初、AIスコア・レンディングとして話題のジェイスコア(J.score)に融資を受けた場合、返済はどのような仕組みになっているのでしょうか?ここでは、ジェイスコアの返済システムと注意点についてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコアはいつから始まったサービス?
これまで個人融資と聞くと、プロミスやアコムやアイフル、レイクなどの消費者金融サービスや、各銀行のカードローンをイメージしたのではないでしょうか。ここでは、新たに設立された画期的なサービス、ジェイスコアはいつから始まったのか、わかりやすく解説していきます。
ジェイスコアのサービス内容詳細と利用できる人
ジェイスコアはみずほ銀行とソフトバンクが共同で作った金融機関です。ここでは、ジェイスコアのサービス内容詳細と利用できる人にはどのような人が該当するのか、わかりやすく解説していきます。
ジェイスコアはばれずに借りられる?
日本初、AIスコア・レンディングとして話題のジェイスコア(J.score)はキャッシングを利用したい方には注目の存在ではないでしょうか?当サイトでは、AIスコアについての情報やジェイスコア(J.score)でお金を借りる際に知っておきたいことについてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコアは趣味や学歴でも将来性を審査
お金を借りるとなると、よく使うのが消費者金融や銀行カードローンです。これらの金融機関を利用する場合は、通常審査を受ける必要があります。新しいサービスであるジェイスコアでは、趣味や学歴など、将来性などを考慮する斬新な審査についてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコアはスマホだけでも手続きできる
AIスコア・レンディングによって審査が行われる画期的なサービスであるジェイスコアに申し込む際には、どうしたら良いのでしょうか?ここでは、スマホだけでも手続きできるジェイスコアの審査についてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコアは総量規制の対象になる
銀行の運営を制約する法律は銀行法です。一方、信販会社やクレジットカード会社、消費者金融などを制約する法律は貸金業法と言います。ここでは、貸金業法の制約を受けるジェイスコアの借り入れに関する総量規制の規定についてわかりやすく解説していきます。
無担保ローンとしておすすめなのがジェイスコア
そのような場合に便利なのがフリーローンです。使途自由な融資サービスを使う事で、色々なことが可能になります。いろいろある無担保ローンの中でもおすすめなジェイスコアのサービス内容についてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコア利用までの大まかな流れ
AIシステムによってスコアリングを行う画期的な融資サービスを展開するジェイスコアを利用するためには、どのような手続きをする必要があるのでしょうか?ここでは、ジェイスコア利用までの大まかな流れはどのようになっているのか、わかりやすく解説していきます。
ジェイスコアでAIスコア600を満たすには
ジェイスコアでレンディングサービスを受けるには意識すべきポイントがあります。それはスコアリング600点の壁です。ここでは、ジェイスコアでAIスコア600を満たすために押さえておくべきポイントについてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコアの営業時間と振込可能時間
もしジェイスコアすぐにでも融資を受けたいというような場合には、営業時間などを事前に確認しておくことは重要です。ここでは、ジェイスコアの営業時間と振込可能時間についてわかりやすく解説していきます。