ジェイスコアはいつから始まったサービス?

ジェイスコアはいつから始まったサービス?

MENU

ジェイスコアはいつから始まったサービス?

ジェイスコアの成り立ち

ジェイスコアはいつから始まったサービス?

ジェイスコアは新しい会社です。

 

これまで個人融資と聞くと、プロミスやアコムやアイフル、レイクなどの消費者金融サービスや、各銀行のカードローンをイメージしたのではないでしょうか。

 

まだジェイスコアという会社について知らないという人がほとんどかもしれません。ジェイスコアは実はみずほ銀行とソフトバンクによって立ちあげられた合弁会社です。

 

メガバンクと大手通信会社との結びつきという異色の組み合わせなものの、これまでにない個人融資サービスということで注目されています。ジェイスコアの設立は2016年に決まっていて、前身はLenDreamです。

 

しかしその後J.score(ジェイスコア)に名前が変わって現在に至ります。AIスコアリングを使ったAIスコア・レンディングの提供を開始したのは2017年の9月からで、その後情報処理の高速化やスピード融資、検索サービスとの情報連携など様々な改善がなされています。

 

ジェイスコアはフィンテックを使ったサービス

ジェイスコアは通常の個人向け融資サービスとは少し違います。フィンテックという技術をベースにシステムが成り立っています。フィンテックとは「Financial Technlogy」という2つの言葉を使った造語となります。

 

Financeとは金融と言う意味で、technologyは技術を意味します。これはどういったものかというと、ICT(Information and Comunication Technology:情報通信技術)を使ったサービスで、一部の金融サービスに特化した商品を提供するのがコンセプトです。

 

ジェイスコアが活用するICTはAIスコアリングです。AIに顧客の信用力や可能性をスコアリングさせ、貸し付け条件を算出します。これまであまり重要視されてこなかった要素もスコア化し、融資対象を拡げています。

 

色々な目標があってもお金がなくて夢を実現できないという人は少なくないでしょう。しかしこのAIスコアリングを使って、若くて貯金があまりない人でも様々な夢を達成できるようにするのが事業ビジョンとなっています。

 

ジェイスコアは客層を急激に拡げている

ジェイスコアの担当者は、10年後の融資残高の見通しを1兆円規模になるとしています。当初は5,000億円としていましたが、好調な運営が続いているため予想を上方修正しました。

 

運用開始から毎日4,000件ものアクセスがあるとのことで、今後の展開が期待されています。

 

定期収入があれば年金生活者でもバイトでも学生でも利用が可能です。年齢制限も満20歳以上満70歳以下と幅が広いため、誰でも気軽に申込がしやすくなっています。

関連ページ

みずほ銀行の主なサービス
みずほ銀行は三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行と並んで、日本の3大メガバンクを形成している大手銀行です。このみずほ銀行が展開する様々なサービスと今注目のJscoreなどの主なサービスについてわかりやすく解説していきます。
返済の遅れはどう影響する?
融資サービスを利用し、もし返済期日に遅れてしまった場合は、遅延損害金が発生します。ジェイスコアの場合は遅延損害金の実質年率は12.0%です。出来れば避けたい返済の遅れの影響についてわかりやすく解説していきます。
借り入れまでのスピードが早いのが魅力
ジェイスコアはメガバンクのみずほ銀行がソフトバンクとの提携で作った会社です。金融機関で個人向け融資サービスを行っています。ここでは、このジェイスコアの魅力の一つである、審査から融資までのスピードの早さについてわかりやすく解説していきます。
自分の借入件数をきちんと把握しておこう
ジェイスコアでは、顧客のファイナンシャル情報も審査の要素として考慮します。将来性を加味した柔軟な融資サービスを提供しているとはいえ、やはり年収や勤務状態やローンの有無などは大切な要素であることに変わりありません。ここでは、自分が現在借りている借り入れの件数を把握する必要性についてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコアの金利と借入金額
ジェイスコア(J.score)はみずほ銀行とソフトバンクの合弁会社です。画期的な審査システムを採用したジェイスコアの融資を受けた場合の金利と借り入れ金額はどのようなものになっているのか、わかりやすく解説していきます。
ジェイスコアの返済システムと注意点
日本初、AIスコア・レンディングとして話題のジェイスコア(J.score)に融資を受けた場合、返済はどのような仕組みになっているのでしょうか?ここでは、ジェイスコアの返済システムと注意点についてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコアのサービス内容詳細と利用できる人
ジェイスコアはみずほ銀行とソフトバンクが共同で作った金融機関です。ここでは、ジェイスコアのサービス内容詳細と利用できる人にはどのような人が該当するのか、わかりやすく解説していきます。
ジェイスコアはばれずに借りられる?
日本初、AIスコア・レンディングとして話題のジェイスコア(J.score)はキャッシングを利用したい方には注目の存在ではないでしょうか?当サイトでは、AIスコアについての情報やジェイスコア(J.score)でお金を借りる際に知っておきたいことについてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコアは趣味や学歴でも将来性を審査
お金を借りるとなると、よく使うのが消費者金融や銀行カードローンです。これらの金融機関を利用する場合は、通常審査を受ける必要があります。新しいサービスであるジェイスコアでは、趣味や学歴など、将来性などを考慮する斬新な審査についてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコアで借り入れできる金額と金利
日本初、AIスコア・レンディングとして話題のジェイスコアから融資を受ける際には、どんな条件で借りられる?ここでは、ジェイスコアで借り入れできる金額と金利はどれくらいが可能なのか、わかりやすく解説していきます。
ジェイスコアはスマホだけでも手続きできる
AIスコア・レンディングによって審査が行われる画期的なサービスであるジェイスコアに申し込む際には、どうしたら良いのでしょうか?ここでは、スマホだけでも手続きできるジェイスコアの審査についてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコアは総量規制の対象になる
銀行の運営を制約する法律は銀行法です。一方、信販会社やクレジットカード会社、消費者金融などを制約する法律は貸金業法と言います。ここでは、貸金業法の制約を受けるジェイスコアの借り入れに関する総量規制の規定についてわかりやすく解説していきます。
【おすすめNo1】 無担保ローンならジェイスコア
急にお金が必要になった時に頼れるのがフリーローンです。その中でも無担保ローンは特におすすめです。ジェイスコアは低金利でしかも即日融資にも対応しているうれすうサービスです。ジェイスコアの内容についてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコア利用までの大まかな流れ
AIシステムによってスコアリングを行う画期的な融資サービスを展開するジェイスコアを利用するためには、どのような手続きをする必要があるのでしょうか?ここでは、ジェイスコア利用までの大まかな流れはどのようになっているのか、わかりやすく解説していきます。
ジェイスコアでAIスコア600を満たすには
ジェイスコアでレンディングサービスを受けるには意識すべきポイントがあります。それはスコアリング600点の壁です。ここでは、ジェイスコアでAIスコア600を満たすために押さえておくべきポイントについてわかりやすく解説していきます。
ジェイスコアの営業時間と振込可能時間
もしジェイスコアすぐにでも融資を受けたいというような場合には、営業時間などを事前に確認しておくことは重要です。ここでは、ジェイスコアの営業時間と振込可能時間についてわかりやすく解説していきます。